ハイドン駅伝になってます、ごめんなさい・・・・センチュリーいずみ定期

でも、完走を目指します。

大阪 いずみホール

センチュリーいずみ定期演奏会No.36 ハイドンマラソン第10回

飯森範親指揮 日本センチュリー交響楽団

(コンサートマスター 松浦奈々)

コントラバス独奏 村田和幸

ハイドン:交響曲第60番ハ長調「うっかり者」

ディッタースドルフ:コントラバス協奏曲第1番 変ホ長調

ハイドン:交響曲第54番ト長調

ハイドン:交響曲第78番ハ短調

実は、前回、前々回とも参加できず。だって、ウィークデーなんだもん、このシリーズ。仕事場でのポジションが変わって(一応、ちゃんと仕事してます^_^)会議が増えて、なかなか辛くなってきたんですよな。

そんなもんで、前々回は義母に、前回は娘りんりんにお願いして、エントリーシートも渡して、行ってもらいました。まあ、駅伝状態ですな。でも、二人とも満足して、私にバトンタッチ。ちゃんと、シールはゲットしてます(笑)。

今回は、重量級のシンフォニー3つにコンツェルト。休憩を15分にしても、終演は9時15分。聞き応え満載のプログラムだが、「目玉」と言える曲はない、と言ってもいい。

にもかかわらず、客席は9割の入り。そして、何よりも、会場の雰囲気がすごくいい。これこそ、贔屓筋、常連客、大阪の聴衆のパワー、ですね。

演奏はどれを取っても、最高レベル。何よりも、響きが最高、です。

僕の生の中で、この演奏会の存在は、生きる糧、目的の一つ。また次、幸せな気持ちでここに来れますように。