8/56横浜一般公演あなたへの贈り物出演者紹介リレー9番手齊藤志穂

みなさま、こんにちは!心魂プロジェクトの齊藤志穂です。いつも温かく心魂を応援してくださり、本当にありがとうございます!

出演者リレー、心魂代表の寺田真実さんよりバトンを受け取りました。早速、自己紹介から

自己紹介

横浜出身で、これまでに横浜の客船、オーストラリアシドニーの客船、同じくオーストラリアケアンズのダイビングボート、そして日本一の豪華客船飛鳥、4つの船で働いてきました。またジャパンアクションエンタープライズJACで現代殺陣時代殺陣スタントを学び、映画、ドラマ、CMに出演。現在はその時の仲間たちと、エクストリームマーシャルアーツのパフォーマンスチームXMA-JAPANのメンバーとしてスポーツの普及活動の傍ら、太極拳気功ストレッチ等の講師としても活動しております。他にも弁護士秘書や旅行業など様な仕事を経験しました。

母の田舎が福島で縁が深いということ、北海道にも住んでいたことから、心魂の北海道&東北担当をやらせていただいております。

色やってきたので全然書ききれておりませんが、これだけでも少し異色なメンバーというのはお分かりいただけるかと思います

心魂で活動する為にはパフォーマンスだけではなく様な事務作業が必要にもなりますので、今までの全ての経験を心魂の活動に注ぎ込むことが出来ており、人生に無駄な事はないのだなぁと実感しながら進む日です。

今回の役の見どころ

心魂ではこれまでに映像を使っての作品をいくつかやっておりますが、その映像操作作成はほとんどやらせていただいています。今回もほぼ映像の操作しています。通常は照明も操作していますが、横浜公演ではラポールさんが照明操作をしてくださいますので、より映像に集中してお芝居に合うようにひとつひとつのシーンを大切にしていきたいと思っております。

プラネタリウムの専門家宙先案内人の高橋真理子さんより受け継いだ映像の素晴らしさにも是非ご注目ください!

一所、皆さまの前に登場するシーンがあります。私は木星として出演いたします。

この作品の中で一番ダークな役どころ。彼女は心の中に深い深い闇を抱えています。でも実は憎悪に変わるほどの激しい愛情も抱えた、誰でも人が持っている心の一部分を顕著に表している星でもあります。とても難しい役ですが、精一杯演じます!

自分を星に例えると

今回登場する星の中で自分を例えるならば月だと感じています。そっと地球に寄り添い、柔らかな光で見守る存在。

心魂では子どもたちだけではなく、ご家族や病院施設の職員さんなど、病児を支える大人の方に向けてのプログラムを展開しています。

音楽と共に太極拳や気功、呼吸法で心身をリラックスさせる時間はとても好評で毎回喜んでいただけます。

大人たちが元気になればそのパワーが子どもたちに繋がり、そしてまた大人たちが笑顔になれば子どもたちも笑顔になる。そんな幸せの連鎖を広げていきたいと願っております。

そんな風に子どもも大人たちもそっと包み込み、柔らかな光を心に届ける月のような存在であれたらとても嬉しいです()

この作品の魅力

元、児童養護施設の子どもたちの為に生み出されたこの作品。その初演から携わっておりますが、この作品を観たある女の子がわたし、生きていていいんだ、と思いましたと言いました。

ひとりじゃない

この作品で一番に伝えたい想いが伝わってくれたのではないかと思います。

誰の心の中にも孤独はありますが、星たちはいつでもそこにいて私たちを見守ってくれている。そんな絶対的な存在がこの世にあるんだということ、それはいつしか心の太い柱となって辛い時に支えてくれるのではないでしょうか。

そんなメッセージと星たちの個性的なキャラクターがやはり見どころだと思います

次の紹介者は

心魂の天使、まなちゃんこと中野真那さん!!

私はこれまでの人生で彼女ほど天真爛漫な人を見たことがありません。しかも歳もそんなに変わらないのに笑

私もいつも彼女の優しさに癒されています()

まなちゃんはこの作品で主役の女の子を演じています。人の社会の中で本当の自分ではない仮面を被りながら上手に生きることができない、暗闇でもがく女の子。そこから出逢いを通して本当に大切なものを見つけていく。

両極の彼女の魅力を見事に演じています!

どうぞお楽しみに!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それでは8月公演でお会いしましょう(o)/

ご予約先

最後の写真は本日のリハーサルより()