リーガの日程で挟むと、バレンシアローマ

リーガの日程で挟むと、バレンシアローママラガセビージャチェルシーレガネスバルサカラバフセルタビジャレアルカラバフデポルマドリーローマレバンテレアルチェルシーベティス第5節のローマ戦の直前にデルビーがあるのが厄介だな

ミュージカルメリーポピンズ、もう中学生

ミュージカルメリーポピンズ、もう中学生さんが気になっちゃうのはしょうがないでしょ!

秩父鉄道SLの旅

不安定な天気で本格的な夏は何処へいってしまったのかと思うこの頃です。

2か月前から、クラブツーリズムの「テーマのある旅」の中から、すぎっちと行く(写真家・杉山浩)ローカル線撮影シリーズ(秩父鉄道・SLパレオエクスプレスの日帰り撮影ツアーに申し込んでいました。

新宿西口の格安ホテルに前泊して、都庁大型バス駐車場から7:30出発の参加者20名の仲間入りをして出かけました。

杉山写真家は「ローカル線の旅」を年間企画で国内外で実施しています.

私は、春の「大井川SL鐡道」参加に続き2回目になりますが、三脚は使わない気軽さで旅に出られるうえに、車内での写真の話を面白おかしく聞くことが出来るので退屈さはなく魅力です。

先ずは、秩父鉄道(かみながとろえき)にバスから降りて、駅構内での撮影を終え、

そこから徒歩15分程度の、長瀞川下り出発点の河川敷に下りました。そこから見える鉄橋を力走するSL撮影を粘りながら、普通電車。貨物電車などの撮影を楽しみました。

そして、SL運行30周年記念に三峰口駅長瀞駅まで約1時間ローカル線に乗車し地域貢献してきました。

今回は20名中女性は3人で、偶然にも三人ともオリンパス・ミラーレスカメラだったことで意気投合し直ぐに親しくなれました。旅はいいですね〜まさに一期一会でしたよ。

広告を非表示にする

えー?!城田優27時間テレビのドラマに

えー?!城田優27時間テレビのドラマに出るの?!早く言ってよー!私の家テレビ無いから見れないし見ないんだけどね

7.14垣原賢人復帰戦〜カッキーライド〜

垣原賢人復帰戦〜カッキーライド〜

2017年8月14日(月)開始18:30

後楽園ホール

悪性リンパ腫で闘病中の元プロレスラーの垣原賢人(45)のリング復帰を祝う「カッキーライド」は、全試合がフォールなしの格闘系プロレスであるUWF特別ルールで行われた。

第1試合 UWFルール道場スパーリングマッチ(時間無制限)

藤原喜明(10分25秒終了)垣原賢人

第2試合 UWF特別ルール(30分1本勝負)

船木誠勝(2分49秒、三角締め田中稔

第3試合 UWF特別ルール(30分1本勝負)

中野巽耀(4分38秒、シャチホコ固め)中村大介

第4試合 UWF特別ルール(30分1本勝負)同

鈴木秀樹(6分59秒、ダブルアームスープレックス→風車固め)野村卓矢●

第5試合 UWF特別ルール(30分1本勝負)

鈴木みのる(7分43秒、脇固め)ロッキー川村●

第6試合 UWF特別ルール(30分1本勝負)

丸藤正道(8分44秒、KO)冨宅祐輔●

ラムしゃぶ?北海道民大人になってからは

ラムしゃぶ?北海道民大人になってからは道外の方が長いですけど、ラムしゃぶは未経験だわ。

風見しんご53

本名大下義博

別名義風見慎吾

生年月日1962年10月10日53歳

出生地広島県広島市西区

国籍日本

民族日本人

身長169cm

血液型A型

職業タレント、歌手、俳優

ジャンルバラエティ番組、テレビドラマ

活動期間1982年-

配偶者既婚

受賞

第16回日本有線大賞最優秀新人賞

表示

風見しんごかざみしんご、1962年10月10日-は、日本のタレント、歌手、ダンサー、俳優。1982年〜1988年バーニングプロダクション当初の芸名は風見慎吾。1989年〜現在(株)マスタープラン所属バーニング系列。芸名の由来は仮面ライダーV3の主人公風見志郎仮面ライダーV3からである。広島県広島市西区己斐こい出身。成蹊大学工学部中退。

来歴人物編集地元の町工場を経営する父の影響でエンジニアを目指し、広島学院中学校高等学校に進学。周囲からは地元の広島大学を勧められたが、東京の成蹊大学に進学する。

大学在学中の1980年、東京ビクトリークラブのメンバーだった哀川翔を原宿で見て、チームに入れてくださいと懇願しメンバー入り1。デビュー前はリーゼントでキメて、愛称はボビー。哀川とお揃いのダブルの革ジャンを着て、ラバーソウルを履いて二人で歩いていると、当時よく雑誌に声をかけられた。ポップティーンプチセブンに初めて載った名前はボビーであった。哀川が始めた劇団にお前も参加しろと声をかけられて参加して、その後、その劇団に入って来たのが野村真、羽賀研二で、柳葉敏郎はまだいなかった2。欽ちゃんの週刊欽曜日のオーディションは野村の付き人として風見と武野功雄のちに欽ドン出演の2人が同行して、なぜか付き人として行っていた風見が合格した1。風見と野村は劇男一世風靡の前身劇男零心会のメンバーで、劇男一世風靡には参加していないが哀川翔のオトナ倶楽部第15回BSフジで哀川は、風見と野村を初期一世風靡のメンバーと紹介した1。

1982年、TBS欽ちゃんの週刊欽曜日オーディションに合格してデビュー当時は風見慎吾という芸名だった。合格した理由も、この時のオーディションで萩本欽一に会った時に大きな声であいさつし有名人を前に萎縮することもなくて、バカでかい声であいさつして。合格と言われたという単純なことだった3。風見自身は元母親から大きな声であいさつするように言われて育ち、声が大きくなったことで友達も出来易くいいことがたくさんあったという。こういったことから、自分の娘たちにも大きな声であいさつすることを教えているという。なお、娘たちには自分たち両親のことをチチハハと呼ばせている3。

この番組で欽ちゃんファミリーの若きメンバーとして存在感を放つ。その傍らで劇男一世風靡が分裂する前の劇男零心会のメンバーとして活躍していた劇男零心会に参加していたが劇男一世風靡には参加していない21。デビュー日(1982年10月8日)以来、現在まで一度もレギュラー番組が途切れることなく34年目。(2016年春期現在でレギュラー番組94本)

1983年には僕笑っちゃいますでレコードデビューを果たし、第16回日本有線大賞最優秀新人賞、第16回日本レコードセールス大賞新人賞男性部門をそれぞれ受賞した。4曲目の涙のtakeachance1984年12月リリースは、自らニューヨークに出向き猛特訓でブレイクダンスを修得。振り付けに取り入れ話題を呼ぶ45。これをテレビで見てブレイクダンスを始めた者も少なくない61985年放送のフジテレビのドラマスタア誕生ヤヌスの鏡に出演の際にも一部踊っているシーンがある。日本におけるブレイクダンスの先駆者であり、テレビを通して日本中にブレイクダンスを広めた人物の1人である457891011。岡村隆史ナインティナインやガレッジセールもリスペクトする存在と語ったことがある712。CRAZY-AやCAKE-Kらは風見のバックダンサーを務めた13。2009年、マドンナの欧州ツアーのバックダンサーを務めたTAKAHIROは日本テレビ速報歌の大辞テンで見た風見の涙のtakeachanceに衝撃を受け、ダンスにのめり込んでいったと話している14。2010年9月6日放送のやりすぎコージーテレ\xA5

單豕類任盧E長婿覆ⓘ濊ǂ靴鵑瓦気鵑離屮譽ぅ唫瀬鵐垢論┐ǂ辰燭叛篁燭靴禿欄類留覗詎鮠匆陲靴拭◀泙仁泙\xCEtakeachance以前の歌のダンスは、あくまで歌の振り付けであったが、この曲はダンスに歌が付いている、といえる程大胆にダンスを取り入れており、ここまでの楽曲はこれ以前になく、このため今日隆盛を極めるダンスミュージックの先駆者、としての評価もある4。なお、ダンスの激しさと当時の演奏事情から、生歌のみで披露するとマイクを通して息継ぎの音が大きく聞こえたり、口からマイクを一定の距離で固定出来ないことによりマイクを通して聞こえるボーカルの音が大きくなったり小さくなったりしたが、当時の映像からもわかる通り、風見はこの曲を口パク無しでこなしていた風見自身も2011年10月15日放送のお願いランキングにおいて、口パクは1度もしていないと答えており、歌唱は全て生歌だったと話している。それはアーティストに多大な体力的負担を強いるものであったため、平野啓一郎は、激しいダンスと歌の両立はムリ、という風見の提示が、後に歌とダンスの役割を分担するTRFEXILEのようなグループを生み、\xC2

省錥鈐僖\xAFOKで、歌手自らが踊りながら歌うという流れを生んだと解説している15。涙のtakeachanceの次はタップダンスを、と師匠の萩本欽一に促されるも、本人が固辞し5曲目はさらに激しいダンスヌンチャクを使用した、本人曰くバトルダンスのBeatOnPanic1985年4月リリースとなり、B面のHollywoodスペシャルがタップダンス調となった。BeatOnPanicは打ち込みを導入したエレクトロ風のファンキーな楽曲で8、曲の一部にラップが取り入れられており、これも日本のポピュラー音楽への導入としては初期のものとなる。2010年9月20日放送のフジテレビHEYHEYHEYMUSICCHAMP内伝説的アイドルの祭典史上最多30人大集結スペシャルに出演久の音楽番組出演し、涙のtakeachanceを披露。終わった後のインタビューで今、すっごく膝が痛いですと言いながらも、以前テレビに出演していた時と同じ振り付けで歌い、当時と変わらぬ切れのあるダンスを披露した。

主演映画は3本で1987年公開泣き虫チャチャは自身の6曲目泣き虫チャチャの物語がテーマ曲。同年のあいつに恋してでは相手役オーディションで森高千里が選ばれ、芸能界入り16。さらに1992年の200X年翔では息子役で堂本光一、同級生役で堂本剛も出演し、その後KinKiKidsとしてのデビューに繋がった。

映画の役柄でピアスを開けたが、当時はピアスをしている男は少なく、同郷の吉川晃司とデキてるとか、週刊誌にいろいろ書かれた。この頃、銀蠅一家の矢吹薫と嶋大輔の三人でハリケーントリオを結成して全国を回った2。風見はディッドボウイの大ファンで、ディッドボウイと同じスーツを作ってもらって、化粧して、ビリージョエルや、カルチャークラブの楽曲や、欽ちゃんファミリーメドレーなどを三人で歌った2。選曲は大岩賞介2。

バンドブーム全盛期の1988年から1990年まで、TBSで放送された音楽番組キラリ熱熱CLUBの司会を16回まで務めた17。またニッポン放送で、嶋大輔や羽賀研二、松村雄基らとどんまいフレンドというラジオ番組を持った2。一人称を自分は〜と呼ぶ口調が特徴的普段の公式ブログやコメントなどでは主に僕である。

1990年代頃よりバラエティ番組やドラマに出演し、高視聴率レギュラー番組も多く、各局の社長賞及び会長賞も何度となく受賞し、ゲスト出演しても高視聴率や最高視聴率を獲得したりで師匠萩本欽一に負けず劣らず視聴率を稼げるタレント。マジカル頭脳パワーが最高視聴率316を記録したのは96年5月2日の放送、瞬間最高視聴率の409を記録したのは96年4月11日の第16回大マジカルの放送で風見がマジカルアート伝言バトルでアートを描いていた時。他に

広告を非表示にする